温和であるが常識が違うので広く浅く接した方が無難である

ボリビア他民族国(通称・ボリビア。かつては、太平洋に面した国でした)は、日本よりも三倍以上の面積を有する首都はラパスの、共和制国家です。

ラパスは、広く一般的に知られている同国の首都ですが、憲法上の首都は「スクレ」となっています。

この国の国民性について論じる前に、政治状況を把握する必要があります。政治的には不安定とされているのが実情であり、かつてクーデターが多発した事が在るのは事実となっています。

平均寿命についてですが、男性が六十一歳で女性が六十四歳となっており、五歳以下で死亡するかもしれないという子供については千人の内、七十人位の水準となっています。

また、人口ピラミッドは年齢が上がるに従って人数が少なくなって行くのが特徴となっています。

経済状況についてですが、南米地域において貧国クラスに該当しているのは事実とされています。

それは、同国政府が、豊富な天然資源が有りながらそれを活かせる技術及び資本が無いためとなっています。

ただ、石油の輸出については活況とされており、天然ガスについては政府が積極的に取り組みをしていることから、社会福祉政策においては天然資源での国家収入が有ることからそれが財源となって、年金等は比較的充実しています。

ボリビアですが、南米諸国において物価が低いという特性が在ります。これは、国外から訪れる外国人観光客にとっては非常にありがたいこととなっています。

南部に在るとある塩原ですが、絶景が魅力的であり観光客の撮影スポットとしても広く知られています。

同国の政治的な事情でなくて、経済面から考えると国民性については決して悪くないように窺い知れます。

物価が安いということは同国の国民にとっても非常にありがたいことであり、国民性が温和であるとされています。治安については多少はスリやひったくり行為者が出没することがありますが、比較的良好とされているので特に問題は無いかもしれません。

また、ボリビア人と接する場合は広く浅く接した方が無難であるとされています。同国の事情について紹介している海外情報系のサイトでは、日本の常識が全く通用しないので情報収集してから臨むのが無難だという事が紹介されています。

早い話が、外国全般は性悪説的な要素が強いとされており、ボリビアについては問題視されている場所等に行かない限りは、特にそれといった問題は生じないということを意味しています。

基本的に、海外へ渡航する場合は渡航先の情報を収集し、その国の国民性についても熟考してから臨んだ方が良いということになります。